window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-168204368-1'); ユニフレームの薪グリルがキターーッ!!:家族でWakuWakuキャンプ!tsune[大阪発]:SSブログ
SSブログ

ユニフレームの薪グリルがキターーッ!! [ギア-焚火台・グリル系-]

薪グリル_セット_4433_600.jpg

人気で品切れ状態が続いていた
薪グリルをゲットしましたーっ!!(*^^*)

薪グリルにはソロ、レギュラー、ラージと
3種類のサイズ展開があって、
このレギュラーだけがずっと
品切れ状態だったんですよね〜!

焚き火台っていうよりカマドなんです。
ゴトクにケトルとスキレットを
並べられるくらいのサイズがあり、
大きめのフライパンも乗せられます。

湯を沸かしながら、焼き物もできちゃう!
ソロでの焚き火調理に
ちょうどいい大きさって感じです。

ではでは、そのユニフレーム薪グリルの
開封から火入れ・使用感のレビューを。



先日、Amazonと
楽天のショップ4店舗くらいで
この薪グリルのレギュラーが
再販されたのですが・・・

なんと楽天のショップは2店が
その日のうちに販売終了。

その売れ行きを目の当たりにして
今買わないとまたしばらく買えないぞ!?
とポチッてしまったのでした(^_^;)

ある人に背中を押されたというのも
あります・・・www


どちらかといえば秋冬向けのギアですしね。

3月あたりに予定している
ソログルで使いたいよな〜!と、
ソロ幕予算の一部をあっさりと
使ってしまったのでした(^_^;)



ポチッたものの楽天の購入履歴が
「発送準備中」から「発送済み」に
数日間変わらなかったので
ちゃんと買えているのか?と
ヤキモキしましたが・・・

薪グリル_箱_4384.jpg
1週間後、無事に到着。
想像していたより重量を感じます。

薪グリル_開封_4386.jpg
早速開けてみます。

開けて思い出しました!
ユニフレームの製品って
青い保護シートが貼ってあるんですよね。

ファイアグリルも確かそうでした!
これを剥がすのも儀式のひとつです。

早速組み立ててみます。
それぞれのパーツがガッシリしていますよ!

・・・

う〜ん、

薪グリル_組み立て_メイン_4425_600.jpg
カッコイイ!

薪グリル_組み立て_前面_4426_600.jpg
前から見るとこんな感じ。

うん、男前!

薪グリル_前面ロゴ_4442_600.jpg
前面にはUNIFLAMEのロゴと
MADE IN JAPANが刻まれています。

これもまたカッコイイ!(*^^*)

薪グリル_ハンドル_4422.jpg
サイドには持ち運び用のハンドル。
使用中に運ぶことも可能です。


薪グリル_ゴトク上_4394.jpg
ゴトクの高さは3段階変えられますよ。
これが一番上で・・・

薪グリル_ゴトク下_4395.jpg
これが一番下。

薪グリル_ダッチ_4410.jpg
10インチのダッチオーブンを
乗せてみました!

大きめのフライパンや
ダッチオーブンも乗る形状です。


薪グリル_ロストルウォールなし_4404.jpg
ただその形状から、5角形の頂点部分は
炭受けがない三角形のスペースが
できることになるのですが・・・

どうもそこから薪が下に落ちちゃう
というレビューを多く目にしていたので

薪グリル_ロストルウォール_4387.jpg
オプションのロストルウォール
こちらも購入しました。

薪グリル_ロストルウォールあり_4405.jpg
セットしてみます。

薪グリル_ロストル&薪あり_4406.jpg
これで万全?です。

どれくらい落ちるのかわかりませんが、
こういったアイテムは
標準装備にしておいて欲しい
ところではありますよね。



薪グリル_セット_4436_600.jpg
ケトルとスキレットや鉄板を乗せて使う
tsuneのイメージはこんな感じ。

いいんじゃないですか?(*^^*)

これで焚き火調理が楽しくなりそう!

背面がリフレクターの役割を果たして
前にいるとかなり暖かいみたいです。


薪グリル_パーツ_4445.jpg
収納はこのパーツたちを

薪グリル_収納_4446.jpg
W状に畳んだ本体に挟んで

薪グリル_収納_4451.jpg
付属の収納袋にイン。

薪グリル_収納ケース_4453.jpg
それなりにコンパクトになります。

早くキャンプで使ってみたい!




薪グリル_火入れ_4482.jpg
届いた週末、早速火入れしてみました!

薪グリル_火入れ_4487.jpg
薪を下に置いておくと
熱で乾燥効果もあるようです。

が、薪のポロリがあるので
引火には注意ですね〜。

薪グリル_火入れ_4502_600.jpg
輻射熱で前にいるとかなり暖かいです。

これ逆に暑いシーズンはキツイかも。
そもそも焚火自体が暑いですね(^_^;)

薪に対するサイズ感もいい感じです。
ただやっぱり縦にはツッコミにくいので
横に重なりがちです。

そして気流の流れというか
燃焼効率はそれほど良くはないかな?

ロストルウォールがない方が
空気の通りがいいかもしれませんね。
だからオプションなのかも!?


薪グリル_火入れ_4616.jpg
いい色に焼けました!

炭受けの部分が熱で少し曲がったようで
畳む時に軽く引っかかりを感じました。
ガンガン燃やしすぎたかな?

耐久性については
これから使ってみてって感じですね。

早くソロキャンで
焚き火料理したくなりました(*^^*)




【ブログランキングに参加しています】
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ







nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 2

青い森のヨッチン

新しいギアご購入で楽しみが増えましたね
こちらの消費だとたしかにこのサイズが使いやすそうで品薄傾向となるのもわかるような気がします。
ことしこそは私もソロキャンデビューしないと・・(ヘヤキャン卒業)
by 青い森のヨッチン (2020-02-05 21:13) 

tsune

青い森のヨッチンさん、こんばんはーっ!

キャンプに行かないとネットでギアを見て欲しくなり、
キャンプに行けば行ったで人のギアを見て欲しくなり、
なんと愚かなのでしょう・・・(^_^;)

でもこの薪グリル、ソロキャンが楽しくなりそうでしょ!?
新しいおもちゃを得て、早くソロで出動したい今日この頃です。
ご近所さんならご一緒できましたのにね(*^^*)

by tsune (2020-02-06 19:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。